5.株式投資の本

f:id:yoimonotachi:20190117200334j:plain

 

キャピタルゲイン及びインカムゲイン

株式投資の新米に是非とも覚えてほしいワードにキャピタルゲイン及びインカムゲインがあります株で利益を得るにはこの二つの言葉を忘れないでおいてください。キャピタルゲインは株式売買で出てくるマージンのことです。

例えると、1万円で買った株式を2万円で捌けば、1万円の利潤がキャピタルゲインになるのです。インカムゲイン保有することで得られる分配金や配当金などです。

ネット証券に口座

はじめにも言いましたが、株に詳しくない方だけでなく、株式投資をする人の大半はできる限り手数料が安上がりなネット証券に口座を作るべきだと思います。

というのは、株式を売買する為の手数料が安くすめば株式投資の売り買いがとても状況に応じることができるからです。個人的にはSBI証券がおすすめです。

テクニカル指標

株式投資の社会ではテクニカル指標を操って株の投資を行っている人たちが数多くいます。そんなわけで、株式投資の初心者もテクニカル指標については一通り、書籍などで学んでから株式の売買などを始めた方が、勝つ度合いが高くなると考えられます。

デイトレード

株投資をしているサラリーマンは職場で勤務している時は相場を確認することはできないので、基本的にはデイトレードのようなものは不可能です。ですから、たくさんのサラリーマン投資家たちというのは決算書を十分に読み、割安株を見つけ出し、投資しているとのことです。

稼げる武器

信用取引とは、現物株や現金を担保にして資金以上の取引、空売りができることが大きな特徴でしょう。特に空売りというのは下落相場では大きな力を発揮し、上手に利用することで相場が上げ方向でも下げ方向でも稼げる武器となるのです。

資金の管理

反面、資金以上の取引は借金同様なので、初心者の方は資金の管理を慎重にする必要があるのです。株売買には現物株の他にも投資方法はいろいろとあります。

オプション

オプションもそのうちの一つです。これは買う権利のコールと売る権利であるプットがあって、めいめいに売買でき、これら四つの組み合わせによって、自由に投資戦法の組めるデリバディブ投資です。
とても魅力的な投資法なのですが、十分な知識が必要となってきます。

押し目買い

株では株式チャートによって売買判断を行うというやりかたがあります。

そのなかのひとつが、押し目買いといわれている取引の手法です。株価が移動平均線と接する値を底値だと考えて、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いというやりかたです。

これまでの経験によると、今後、株価の上昇が期待できるポイントだといえます。

5冊以上?

株については知識が豊富でない者が基本的な知識を得るためにすべきことは、手始めに株式投資について書かれた本の中で、支持を受けている本を5冊以上読まなければならないと思います。

五冊も株式投資についての本を読めば、読破した本の中の共通する部分は株式投資をする上で必須だということが考えられるからです。

小学生でもわかる売買タイミング」 

別途に書くつもりですが、私がようやく、たどリ着いた方法です。

チャートは見ますが数値分析は不要です。難しい判断もいらず

視覚的にわかる方法です。

デイトレ及び 数日 週 月単位の売買に即使えます!

でも、まずはブログを読み続けて知識を身につけてください。

 

 

TOPに戻る↑


スポンサーリンク