8.利回り

f:id:yoimonotachi:20190122151342j:plain

 


100万

株の初心者から投資資金はどれほどで開始できるのかと聞かれれば、私は最低100万円程は用意しないと、株式投資をやることは困難だと思います。

その理由はこの程度の資金があれば上場されている幾多の銘柄の中から惚れ込んだ投資先を選り抜くことができるからです。

損切り

株の初心者が苦手にしがちなのは、ずばり言うと、損切りです。
ついつい上がると思ってしまい、手放さない事が多いのです。

また、損したくないと思って、さらに損失を大きくする場合があります。
絶対とか100%ということはありえないので、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはすごく重大な事です。

手数料

株に詳しくない方だけでなく、株式投資をする人の大部分は極力手数料が低いネット証券に口座を開設するのがよいと思います。

個人的にはSBI証券がおすすめです。

 


そのわけは、株式を売買する時の手数料が安くすめば株式投資の売買がとても柔軟に対応できるからです。

株式投資の初心者はどの銘柄を購入すればよいのかわからないので、株式雑誌がオススメしている推奨銘柄の中から良いと思う銘柄を選んで投資するといいでしょう。

経験

売買を繰り返して、徐々に理解できる銘柄の数を増やしていくことで、自分で利益が得られると思える銘柄を見つけるようになるのだと思います。

株投資で失敗しない方法いう本や記事をたびたび見かけます。しかしながら、100%失敗しないことなんてありえないのです。

自分のルール

でも、ちゃんと勉強して、ルールを決めた上で投資すれば、成功することもありえるのが株です。失敗することに怯えたり、一度の失敗で諦めないで学んだところに、株の楽しさが待っていると思えるのです。

思い込み

多くの人がそうだと思うのですが、私は株の投資を始めたころ、ビギナーでチャートの読み方が、判然としませんでした。今もなお完璧にわかるというわけではないのですが、「きっとこうだろう」といった読み方があって、それを判断材料として使っています。

割安株

株投資をしている会社員は会社で仕事をしている時は相場を見ることは不可能ので、通常はデイトレードのようなことは無理です。なので、たくさんのサラリーマンの投資家たちは決算書を十分に読み、割安の株を見つけ、投資しているとのことです。

利回り

株を所持する場合、自身の資金に対しての利回りを意識してしまうと思います。銀行に預けても大して利息がつくことのない現在では、定期預金や国債投資信託や債券に比べ、利回りというものがよくなくては投資する意味がありません。

きちんと利回りを意識しながら投資を行うのが重要です。

TOPに戻る↑


スポンサーリンク