11.株価の変動と取引

f:id:yoimonotachi:20190125132509j:plain

 

ローソク足

どのくらい上下するのかを時系列にまとめて確認するものとしてチャートを分析する投資家は少なくありません。

例えていうと、大きく上髭が伸びてきている場合、その株のローソク足はその後は下がるのではないかと見て取ることができますし、ローソク足は、どのタイミングで売買するかを判断するのに役立ちます。

投資信託

株式の売買にはリスクが存在します。ですので、株の経験がない場合は、資産運用は投資信託から始めてみるのも無難だと言えます。投資信託は投資の専門家がさまざまな優良投資先に広く分散して運用するので、安全で初心者に適した運用法のひとつと言えるでしょう。

デリバディブ投資

株売買には現物株の他にも投資方法は様々にあります。オプションもそんな中の一つなのです。オプションといったものには買う権利のコールと売る権利であるプットがあって、めいめいに売買でき、この四つのパターンを組み合わせることによって、自由に投資戦法の組めるデリバディブ投資です。

かなり魅力のある投資の方法ではありますが、十分な知識が必要となってきます。

空売りを覚える

実際に株の空売りをしている株式投資の初心者は少ないでしょう。無理ないことかもしれませんが、株式投資を長期間続けていこうと検討しているのなら、身につけておいたほうが得策だと思います。
なぜかというと、空売りを覚えるということは購入するほうの気持ちだけでなく、売る側の気持ちについても考えるようになり、取引の幅が広まっていくからです。

魅力の一つ 

私は好みの名のしれた銘柄の株を所持しています。配当が年に一回出るのですが、その配当金だけでなく優待でその他のものがもらえるのが魅力です。

特に好みの会社からもらえると、もっとこのメーカーが大きくなって欲しいなという風に思います。

給料はなかなか増えないのに物価を引き上げようと政府は熱心です。物価の方が上がれば企業の収益もアップし、株価上昇にもなります。

余剰資金 

銀行などに余剰資金があるのならば、株投資を行うと良いです。
株を始めることは簡単です。証券会社に口座を持てばよいのです。

現在はネット証券といったものもありますから、取引自体もスムーズにできます。

おすすめはSBI証券です。

優待制度

私は、とある株式会社が株主に与える優待制度が得たいために株式投資を始めたビギナーです。株主優待制度も様々あり、株式を保有している会社の製品がもらえたり、ショッピングでは割引になったりするので、どの銘柄を買おうか迷ってしまいます。

円の価値と株価  

円安とは、自国通貨単位の円の価値が他国の通貨に対して相対的に下落していることです。円安がつづくと株の価格が上がりやすくなります。

輸入産業においては、輸入コストが高くついてしまい収益が減ってしまう結果になってしまいますが、逆に、輸出企業の場合には業績は好転します。

 自動車や機械などの日本製品の販売が上向き、その結果、業績が向上して、株価の上昇につながるのです。

世界シェアを持っている企業はおすすめです。

 

 

TOPに戻る↑


スポンサーリンク