14.変動は当然 

f:id:yoimonotachi:20190131155715j:plain

 


株の収益

株価の変動による利益と、配当によって、会社から支払われるお金という利益の二種類あります。

株価の変動

予測するのは難しいと思っているような初心者の人は、落ち着いた株価の一定の配当を毎期払っている会社の株を購入することで、配当での定期的な収入を得るのも良い投資の一つと思われます。

技術

株の空売りをする株式投資のビギナーは少ないだろうと思われています。とはいえ、株式投資をこれから長年にわたって続けていこうと意識しているのなら、身につけておきたい技術だと思います。

その理由は、空売りについて理解するということは買う側の意識の理解とともに、売る側の気持ちについても考えるようになり、行える取引の幅が広がるからです。

 政府

賃金はいつまで経っても上がらないのに物価を上げようと政府は躍起になっています。

物価が上昇すれば企業の収益もアップすることになって、株価上昇にもなります。

余剰資金

銀行などに余剰資金があるのならば、株の投資といったことを始めるとよいです。
株の始め方はとても簡単です。
証券会社に口座を持てばよいのです。

おすすめはSBI証券です。

 

ネット証券は取引もスムーズです。

株式投資を行う人の多くは買った株をどういうタイミングで売り抜けるかということにためらうかもしれません。

だけど、天井付近で株式を売り抜くということはかなり難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの精神で売り抜けることができたらいいと思います。

円安

自国通貨単位の円の価値が他国の通貨に対して相対的に下落していることなのです。円安の状態がつづくと、株が上がりやすいとされています。輸入産業の場合では、輸入にかかるコストが高くつくようになり減益となってしまいますが、逆に、輸出企業の業績は伸びます。

 

自動車や機械などの日本製品の販売が上向き、業績が向上して、株価の上昇につながっていくのです。

閑散期 

株の始めて間もない人が株式投資をする狙い目とは、みんなが株式投資に関心を失くし、株式市場が閑散となっている時です。

このような時期では、どの銘柄もありえないくらい値が下がっていて株価が放置状態となっているため、優良銘柄を手に入れるなら絶好の時期であると感じるからです。

株の初心者が最初から難しい売買をすることは避けた方が身のためです。

仮に、株では空売りして利益を得ようとする方法があります。空売りとは売りから始める信用取引です。
空売りであれば、株価が下落した場合でも利益を得られます。

 しかし、危険性もあるので、空売りは株の売買に十分なじんでから始めるべきだといえます。

短期投資法

株式投資について書かれた本を何冊も読んで調べた上で、株式取引のビギナーが投資をする場合、数日間で売買を終わらせる投資法を選ぶ人も大勢いるでしょう。

スイングトレードはうまく取引できれば大きく儲けることができるので、かなり人気がある投資方法です。

 

当然ではありますが、いつでも利益が得られるわけではありませんから、赤字になってしまう場合もあります。

TOPに戻る↑


スポンサーリンク