📻 読者の方へ感謝企画!こんな旅がしたかった! ヨーロッパ列車紀行『男の時刻表』part1[7か国]動画  9.19

いつもお読みいただきありがとうございます。

ささやかですが感謝の気持ちでお届けします。😊

 

紹介動画アップしました。

 ↓

www.youtube.com

f:id:yoimonotachi:20190904200030p:plain

 

f:id:yoimonotachi:20190904201602p:plain

                                         *Wikipediaより

 

ヨーロッパの旅に出てみませんか?

 

👦 団塊世代の主人公(男性)が、ヨーロッパを憧れの列車で自由気ままに

一人旅。 車窓からの美しい景観や乗り合わせた人々との出会いを楽しみ、

下車した街では世界遺産や美術館を訪れ、市場や路地裏にも足を運んで人々の

日常の営みにふれ、郷土料理と酒に舌鼓......。

 

そして旅の行く先々でつぶやく、子ども、学生、サラリーマン時代の回顧録。 

ウィットに富んだ表現や風刺の効いた一言は、同世代に生きるリスナーたちから「そう、そうだったよ!」という共感が!

主人公を演じるのは、「情熱大陸」MBS (全国TBS系) 「F1グランプリ総集編」CXなどでお馴染みの窪田 等さんです。  

 

..............................................................................................................................

 

男の時刻表 

憧れのオリエント急行とそのルートを辿る旅 オリエント急行4,000km 

Part.1(フランス・ドイツ・オーストリア・ハンガリー・ルーマニア・ブルガリア・トルコ) 7か国

 https://images.otobank.co.jp/abjp/medium/product/238034/book_image.jpg

 

 .......あなたはもう乗客のひとりです。

発車時刻になりました。出発進行です!

 

.........................................................................................................................

 

豪華列車オリエント急行との出会いは、アガサ・クリスティーの小説。
 
先の読めない展開と共に、何より華やかな列車の様子に夢中になった。
 

f:id:yoimonotachi:20190904204019p:plain

  

f:id:yoimonotachi:20190904200905p:plain

                                  *Wikipediaより
  

フランス・ドイツ

パリとイスタンブールを結ぶオリエント急行の誕生は1883年。
 
それは西洋と東洋をつなぐ夢の架け橋であった。
 
私はその同じルートを辿ってみる。
 
かつて7つの国々を結んだオリエント急行。
 
移り行く車窓とお国柄も違う人々との出会いも今回の大きな楽しみだ。
 
そんな思いを胸に、私の旅は始まった..........。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

オーストリア・ハンガリー

さらに東へ向けて旅は続く。
 
列車は、ドイツからオーストリアへ。
 
次の目的地は、ザルツブルクである。
 
いよいよ、国境を越えた。
 
今回、私の最大の楽しみは、天才音楽家、そう、モーツアルトの息吹に触れることだ。
 
さて、どんな1日になることか・・・
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ルーマニア・ブルガリア・トルコ

 豪華列車オリエント急行の伝統的なルートを辿る私の旅も、いよいよ終盤だ。
 
パリを発ち、前回はブダペストまで。
 
ここから列車を乗り継いでハンガリーの大平原を駆け抜けて列車は一路東へ。
 
冷戦の終結後、人々の暮らしはどう変わったのか?まずはルーマニアだ。
 
人々は明るく陽気で美人も多いという。
 
本当なのか?これも気になるところである。
 
おっと、そろそろ国境だ。
 
列車は何事もなく入国して国境のクルティチ駅。
 
ここから私のルーマニアが始まった。
 

..................................................................................................................

 

😊動画です。

 [再生時間 約74分]

 

 ・視聴方法:

 

電子本を購入。価格1,100円(税込)

 ↓

パスワードを入手して視聴サイトに行きます。

 ↓

パスワードを入力して視聴します。

 

 

手順1.電子本購入  Click Here ↓

bccks.jp

 

手順2.視聴サイト Click Here ↓

www.yoimonolog.com

 

......................................................................................................................

 

旅を続けたい方 😊

編はこちらです。*音声のみになります。↓

ヨーロッパ列車紀行『男の時刻表』全15話
 
 
id:wine-techo-kotonoha  
こんにちは。私の愛読書?のひとつは時刻表です。飽きませんよね。初の電子本、購入してみようかな、、、
 

スポンサーリンク

TOPに戻る↑