475.ウイルスと細菌と生きる?

f:id:yoimonotachi:20211109112746p:plain

 

ウイルスと細菌の違い

ウイルスは、基本的に自分が生きるために必要な組織を完全には備えておらず、他の生きた細胞の中に入り、その細胞から不足している機能を補ってもらい、はじめて増殖することができます。

 

ヒトに病気を起こすウイルスはすべて、ヒトからヒト、あるいはヒトとヒト以外の動物との間で感染を繰り返しながら、生き(増殖)続けています。複製していくとも言えます。

 

ウイルスに侵入された細胞は破壊され、さらに新しい細胞に侵入し、これを繰り返しながら増えていくのです。

そして、破壊された細胞が一定の数以上になることにより症状が出ます。

 

一方 細菌は微生物であり自己増殖できます。

そして毒素を出して細胞に害を与えたりして症状が出ていきます。

自然の中で生きていく人類にとっては避けられません。

...................................................................................................................

コロナウイルスの感染者数が激減しています。

必ずしもワクチンの効果だけではなく

上記にあるように

感染する人間の行動を制限し、空気感染を防いだ結果だと思っています。

 

ウイルスも栄養不足?弱体化、消滅していくのでは?と思います。

ただ時間がかかるのでしょう。

(スペイン風邪も2年ほどだったと思います。)

 でも、また動き回ると復活はあり得ます。

 

...息を止めてみてください。

空気のありがたさが分かります。

 

f:id:yoimonotachi:20211109120232p:plain

46億年の地球、その歴史の中、

空気、水、土、自然の何一つ人間が作ったものはありません。

 

コロナウイルスは恐怖だけではなく

人間の自然に対する傲慢さも気づかせてくれました。

 

生活様式や価値観が変わりました。

政治家の綺麗ごとの言葉に惑わされなくなりました。

 

国の中枢機能の弱体化が明らかになりました。

いかに

住んでいる地域の行政や住民の結束力が重要かが分かりました。

 

自然の摂理です。

高きから低きに流れます。

f:id:yoimonotachi:20211109120454p:plain

恐怖から安心へ。

これからは都会を離れて自然と共生できる生活を求め

人は移動します。

 

新鮮な空気、清らかな水、豊かな土、生い茂る森....。

自然と共生を理解する人たちが住む地域。

f:id:yoimonotachi:20211109120716p:plain

AIやITはむしろローカルライフを推進する手段です。

 

重力の時代が終わり、大きいもの、力の強いものが衰退します。

特に邪悪な人たち、ディープステートが表面化します。

 

そして世界のフラット化。

やってくるのは平和で安心の時代であってほしいです。😐

 

 

良かったらご参考に...

 

・シンプル呼吸法

 息を吸って止めてください。息を吐いて止めてください。

 繰り返しするだけです。呼吸に集中することで自律神経が休まります。

 

・シンプル瞑想法

 静かな場所で目を閉じて、楽な姿勢で呼吸に集中し

 自分が地球から離れて宇宙空間に漂っている、浮遊している

という想像をするだけです。

 

f:id:yoimonotachi:20211128121018j:plain

 

無重力空間には上も下も、右も左もありません。

無抵抗です。

孤独感もありません。

 

 ....そして今この瞬間が尊い」のだと思いましょう。

 .....できれば感謝も加えると良いと思います。

時間は自由です。

効果は色々あるでしょう。

 

”心は重力とは無縁です。別の次元です。”

このことに気づくだけでも瞑想は価値があると思います。😐

 

 

心臓は🥁ドラム

呼吸は

f:id:yoimonotachi:20211007025104j:plain

ウッドベース...。

耳を澄ませて聴きましょう。生きている証しです。😎

 

♪ 1989年、陽水は「最後のニュース」で地球問題を歌っていましたね。

スポンサーリンク

TOPに戻る↑