528.生きる答え

生死

死は終わりなのでしょうか?

終わりであれば仕方ないことです。

自分の命なのに

自分ではどうにもできません。

宿命です。

 

しかし生への執着は如何ともし難いのです。

.

.

.

10の26乗個の星々

この宇宙の無限を想う時

生の後は...

終わりではないのでは?と思います。

とすれば

肉体は枯渇し朽ちる、生の後には....

霊という存在になる。

こう考えるとどうでしょうか?

存在の形を変える。

 

エーテル?

プラズマ?

量子エネルギーでしょうか?

 

光や空気や電気電波のように

手では掴めない

目では見えないけれど存在する..... 

 

終わりがある生死ではないのです。

永遠の旅...

時間の概念がありません。

 

生→死ではなく生→霊です。

形で言えば生体→霊体です。

 

三次元→高次元・異次元・無次元

五体五感→意識・霊感

可視→不可視

可聴音→超音波(20,000Hz以上)・無音

重力→無重力・浮遊

人間時間→永遠・0か宇宙時間?

空間→無限♾か宇宙の果て

人智では分からないので

現世は生霊一体の世と思うことです。

 

生と霊の世界はコインの表と裏と同じで一体なのです。

 

...霊は負のエネルギーではありません。

あるべき姿の実現です。

つまりはこの世を霊性を持って生きる。

霊性の修行修練の場。

 

自分の為ではなく

他人の為でもなく

大いなる宇宙の進化と調和と秩序の為に生きる。

 

霊は正のエネルギーです。

 

どうすれば良いのか。

子供でも分かる様に言えば

困っている人、弱い人を助ける事だと教えましょう。

慈悲と愛情の行動です。

 

*他人を一生懸命応援する行動は脳の本能に従い、知らぬ間に自身の脳も高められていると脳神経細胞学の説があります。

 

...本人の心も満たされるのです。

 

子供の教育は宇宙と生死の意味から始めることが良いのではと思います。

星の誕生と消滅は人の生死と同じです。

 

無限としか表現できない宇宙に有限の現象がある不思議さを想います。

.....🛸

アメリカ国防総省公表のUFO写真

今の人類の科学では答えが出ません。

飛び方だけでも航空力学上あり得ないのです。

 

大宇宙と自分は一体だという意識を持ちましょう。

 

意識は霊性の始まりです。

そして意識は誰にも侵されず自由です。

個人の視野、音域を変えましょう。

大宇宙を意識しましょう。

地球意識→大宇宙意識に拡大しましょう。

 

...闇夜は明けていきます。

朝の光が輝き照らせば、光に包まれ

希望が生まれ道が示されます。

同様に心の闇も明けなければ不幸です。

 

真理は大宇宙にあり

 

特に信仰宗教を持っていなくても

大宇宙・真理を意識し健康で明るく今を生きることが信仰や悟りに通じます。

あえて仏教用語で言うならば開眼、開光、開明することでしょうか。

 

...思想、主義、信心、資格、教典、儀式、

宗教団体、布教、寄付も会費も不要です。

 

すでに真理の中で生きています。

満たされない心が真理を求め

真理に気づくかどうかで生き方が変わります。

 

今世界は愛があるかどうかが試されています。

生きることは和を求め助け合うこと

勝ち負けではありません。

暴力と殺し合いではありません。

頭が良いか有名かどうか

お金があろうが権力があろうが

欲望の実現には意味がありません。

一時の欲望を満たせても持続しません。

幸福とは違います。

あるべき姿は真理を共有し幸福の実現です。

 

人は霊性が高いかどうか。

もしあるとすれば愛情度が高いかどうか

が核心になります。

 

意識→霊性→愛情で大宇宙につながり

宇宙の源泉とも言えるエネルギーを

心が受け入れて命があると考えます。

 

心は漠としていますが

宇宙エネルギーに共振・共鳴します。

 

電波を受けるラジオのような受信機

電気で回るモーターと同じなのです。

 

人が体内の70%の水分の中にある電気の粒子

イオンが電気を通す電導体であるのと同じです。

 

電気を送るコイルと受けるコイルの間に磁場が生まれれば

線でつながなくても誘導電流が流れます。

応用した非接触充電の仕組みと同じです。

 

振動するエネルギーであれば

音叉 お鈴(おりん) クリスタルボウル

ソルフェジオの周波数528Hzの音や

グレゴリオ聖歌を聴いたときのように

心は共振し癒しと安らぎを与える楽器となります。

(ちなみにお鈴の音は 500~800 Hz の周波数が好ましいとされ

ソルフェジオやグレゴリオ聖歌と同じ低周波です)   

 

いずれにしても

人は宇宙エネルギーを受動し、

共振、共鳴、共働(シナジー)するのです。

 

...人も命の限り振動し、回転をしています。

 

そして

命はそれらの働きであり役目を果たすのです。

 

大宇宙がある限り

エネルギーがある限り

命は形を変えて永遠に続きます。

 

心を満たしましょう。

健康でいましょう。

その瞬間まで生きましょう。

 

 

現実では何が人類にとって幸福なのかを求め

全て愛がある行動かどうかで判断しましょう。

 

全てこの世は因果応報です。

因は私たち自身です。

「蒔いた種のとおりに花が咲く」

今が未来なのです。😶

 

...科学者アインシュタインが娘リーゼルに残した手紙の一節です。

「それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。
私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。なぜなら愛こそが生命の神髄だからだ。」

スポンサーリンク

TOPに戻る↑