453.初心者の英語の音読

英文を音で分解してみます。

TIMEの記事を引用しました。

「大阪なおみ選手の転機か?」

f:id:yoimonotachi:20210615201903p:plain


f:id:yoimonotachi:20210615140603j:plain

すぐ読めましたか?

目的は翻訳ではありません。 

英語初心者が発音できるかどうかです。

 

1.機械翻訳 (真っ当な和訳になっていませんが意味は分かると思います)

アスリートのメンタルヘルス

ターニングポイント

ショーン・グレゴリーより

 

マイケル・フェルプスが5月31日に聞いた後、そのなおみ

大阪は全仏オープンから撤退し、彼は彼女を読んだ

理由を説明するInstagramのメッセージ-大阪は「下品な気持ち-

パリで「神経質で不安」であり、彼女が十分であると明らかにした

セレナを倒して以来、「うつ病の長い発作」から窮地に立たされた

2018全米オープンでのウィリアムズ-たくさんの考えが殺到しました

彼の頭に。フェルプスは史上最高の水泳選手です、勝ちます-

23個のオリンピック金メダルを獲得。しかし、勝つ量はありません

彼のうつ病と自殺の熟考を食い止めた。

苦労して公にされたフェルプスと

メンタルヘルスの第一人者の一人として登場

スポーツは、大阪の啓示と彼女の決定を感じることができた

彼女ができるように別のグランドスラムタイトルでのショットを放棄するためのシオン

メンタルヘルスの休憩を取る-大したことだった。大阪は証明書です-

世界的なスーパースター、最高賃金の女性アスリート

巨大なソーシャルメディアの痕跡と支持のある惑星

ナイキ、日産、ルイヴィトンから。 「私はその後とても幸せに感じました

彼女はその脆弱性を示しているので、彼女のメッセージを読んでいます。

彼女は私たちが前に見たことがない彼女の側面を見せています、そして

それはとても強力です」とフェルプスはTIMEに語ります。

メンタルヘルスのゲームチェンジャーになること。

彼は以前に大阪に対する反発のいくつかを読んだ

全仏オープンを中退すると、彼女は

試合後の記者会見への参加を辞退

ローランドギャロス、の潜在的な精神的危害に言及

記者とのこれらの交換。 「私はほとんどショックを受けました

方法」とフェルプスは言います。

世界は昨年、メンタルヘルスについて学びました。」

しかし翌日、フェルプスはより多くの記事を見始めました。

大阪に哀れ。 「それは私の顔に笑顔をもたらします」と彼は

言う。 「そうなので、私たちはこれが

何か-あなたが世界一であるかどうかは関係ありません

または平均的なジョー。誰でもこれを通り抜けることができます。本当だよ。

これが本当に開くことができるというブレークポイントであることを願っています

より多くの命を救ってください。」

その希望はそれほど風変わりなものではありません。近年、プロ

フェルプスのようなプロのアスリートは、非難を非難するのを助けてきました。

メンタルヘルスを取り巻く会話

国民と闘い、老朽化し​​たスポーツに挑む

脆弱性の兆候を示さず、ただ権力を握る

使って。フェルプスは2020HBOのエグゼクティブプロデューサーでした

精神を探求したドキュメンタリーTheWeightof Gold-

後にオリンピック選手にしばしば降りかかる健康闘争

ゲーム。 NBAで、ケビン・ラブは彼がパニックに苦しんでいることを明らかにしました

ゲーム中の攻撃。別のNBAオールスターであるDeMarDeRozan、

彼の戦いをうつ病と共有した。野球では、ザック・グレインキー

彼の社会不安について話しました。 NHLプレーヤーのロビンレーナー

彼の双極性障害についてオープンになりました。体操選手アリー・レイズマン

彼女の不安についても率直でした。

しかし、彼女のプラットフォームのサイズと、

グランドスラムタイトルの追求よりも幸福を選ぶ、大阪、

 メンタルヘルスの意識をもたらすという約束を提供します。

 

2.発音記号に変換 (完全ではありませんが)

ə ˈtɜrnɪŋ pɔɪnt fɔr 
ˈæˌθlit ˈmɛntəl hɛlθ 
baɪ ʃɔn ˈgrɛgəri 
ˈæftər ˈmaɪkəl fɛlps hɜrd ɑn meɪ 31 ðætneɪˈoʊmi 
oʊˈsɑkə həd pʊld aʊt əv ðə frɛnʧ ˈoʊpənənd hi rid hɜr 
Instagram ˈmɛsəʤ ɪkˈspleɪnɪŋ waɪ-oʊˈsɑkəˈsaɪtəd "ˈfilɪŋ vul
nerable ənd ˈæŋkʃəsɪn ˈpɛrɪsənd rɪˈvildðət ʃi həz suf
fɜrd frʌm "lɔŋ baʊts əv dɪˈprɛʃənsɪnsdɪˈfitɪŋ səˈrinə 
ˈwɪljəmz ət ði 2018 ju.ɛsˈoʊpən- bʌnʧəv θɔts rʌʃt 
ˈɪntə ɪz hɛdfɛlps ɪz ðə ˈgreɪtəst ˈswɪmərəv ɔl taɪmwɪn
ner ʌv 23 oʊˈlɪmpɪk goʊld ˈmɛdəlzbətnoʊ əˈmaʊnt əv ˈwɪnɪŋ 
steɪvd ɔf ɪz dɪˈprɛʃən ənd ˌkɑntəmˈpleɪʃənəv ˈsuəˌsaɪd
fɛlpshu həz gɔn ˈpʌblɪk wɪð ɪz ˈstrʌgəlzænd 
ɪˈmɜrʤd əz wʌn əv ðə ˈfɔrˌmoʊstˈmɛntəl-hɛlθ ˈædvəkəts ɪn 
spɔrtskəd sɛns ðət oʊˈsɑkəzˌrɛvəˈleɪʃənz-ænd hər deci
sion  fɔrˈgoʊ ə ʃɑt ət əˈnʌðər grændslæm ˈtaɪtəl soʊ ʃi kʊd 
teɪk ə ˈmɛntəl-hɛlθ breɪk-wɜr ə bɪgdiloʊˈsɑkə əz ə certi
fied ˈgloʊbəl ˌsupərˈstɑrðə ˈhaɪəst-peɪdˈfiˌmeɪl ˈæˌθlit ɑn ði 
ˈplænət wɪð ə hjuʤ ˈsoʊʃəl ˈmidiə ˈɪmprɪntənd ɛnˈdɔrsmənts 
frəm ˈnaɪkiˈnisɑn ənd ˈluɪs ˈvutən. " fɛltˈvɛri ˈhæpi ˈæftər 
ˈrɛdɪŋ hər ˈmɛsəʤ bɪˈkəz ʃiz ˈʃoʊɪŋ ðətˌvʌlnərəˈbɪlɪti
ʃiz ˈʃoʊɪŋ ə saɪd əv hər ðət wi ˈhævənt sinbɪˈfɔrænd 
ðæts soʊ ˈpaʊərfəl," fɛlps tɛlz taɪm. "ɪtsˈdɛfənətli ˈgoʊɪŋ 
 bi ə geɪm ˈʧeɪnʤər ɪn ˈmɛntəl hɛlθˈmuvɪŋ ˈfɔrwərd
hi rid səm əv ˈbæˌklæʃ əˈgɛnstoʊˈsɑkəhu bɪˈfɔr 
ˈdrɑpɪŋ aʊt əv ðə frɛnʧ ˈoʊpən hədəˈnaʊnst ʃi wʌz 
dɪˈklaɪnɪŋ  pɑrˈtɪsəˌpeɪt ɪn postmatchprɛs ˈkɑnfərənsəz æt 
ˈroʊlənd ˈgɛroʊsˈmɛnʃənɪŋ ðə pəˈtɛnʃəlˈmɛntəl hɑrm ʌv 
ðiz ɪksˈʧeɪnʤəz wɪð rɪˈpɔrtərz. “ wəzˈɔlˌmoʊst ʃɑkt ɪn  
weɪ," sɛz fɛlps, "əˈspɛʃli wɪð ˈɛvriˌθɪŋ  fillaɪk ði 
wɜrld həz lɜrnd əˈbaʊt ˈmɛntəl hɛlθˈoʊvər ðə læst jɪr." 
bət ðə nɛkst deɪfɛlps ˈstɑrtəd ˈsiɪŋ mɔrˈɑrtəkəlz sɪm
pəˈθɛtɪk  oʊˈsɑkə. "ðæt dəz brɪŋ əsmaɪl  maɪ feɪs," hi 
sɛz. "bɪˈkəz jɛsðɛn wi ər ˌʌndərˈstændɪŋðət ðɪs ɪz 
ˈsʌmθɪŋ-ðæt ɪt ˈdʌzənt ˈmætər ɪf jʊr noʊ. 1 ɪn ðə wɜrld 
ɔr ði ˈævərɪʤ ʤoʊˈɛnibədi kən goʊ θruðɪsɪt əz riəl
 hoʊp ðɪs ɪz ðə ˈbreɪkɪŋ pɔɪnt əv ˈrɪli ˈbiɪŋˈeɪbəl  ˈoʊpən 
ʌp ənd seɪv mɔr lɪvz." 
ðæt hoʊp ˈɪzənt ɔl ðət aʊtˈlændɪʃɪnˈrisənt jɪrzproʊ
fessional ˈæˌθlits laɪk fɛlps həv hɛlptdestigmatize kɑn
versations səˈraʊndɪŋ ˈmɛntəlhɛlθˈhævɪŋ ʃɛrd ðɛr 
ˈstrʌgəlz wɪð ðə ˈpʌblɪk ənd dɪˈfaɪɪŋˈʃɑˌpwɔrn spɔrts kɑn
ventions  ʃoʊ noʊ saɪnz əvˌvʌlnərəˈbɪlɪti ʤəst ˈpaʊər 
θrufɛlps wəz ən ɪgˈzɛkjətɪv prəˈdusər ɑnði 2020 eɪʧ-bi-oʊ 
ˌdɑkjəˈmɛntəri ðə weɪt əv goʊldwɪʧɪkˈsplɔrd ðə ˈmɛntəl
hɛlθ ˈstrʌgəlz ðət ˈɔfən bɪˈfɔl oʊˈlɪmpɪkˈæˌθlits ˈæftər ði 
geɪmzɪn ði ɛn-bi-eɪˈkɛvɪn lʌv rɪˈvild hiˈsʌfərd ə ˈpænɪk 
əˈtæk ˈdʊrɪŋ ə geɪmdɪˈmɑrDeRozanəˈnʌðər ɛn-bi-eɪ ɔl-stɑr
ʃɛrd ɪz ˈbætəlz wɪð dɪˈprɛʃənɪnˈbeɪsˈbɔlzæk greɪŋk 
spoʊk ʌp əˈbaʊt ɪz ˈsoʊʃəlæŋˈzaɪətiɛn-eɪʧ-ɛl ˈpleɪər ˈrɑbən ˈlɛnər 
ˈoʊpənd ʌp əˈbaʊt ɪz baɪˈpoʊlərdɪˈsɔrdərˈʤɪmnəst ˈeɪli Raisman 
həz bɪn ˈkændəd əˈbaʊt hər æŋˈzaɪəti əzwɛl
bət θru ðə saɪz əv hər ˈplætˌfɔrmənd hərdɪˈsɪʒən  
ʧuz wɛl-ˈbiɪŋ ˈoʊvər pərˈsut əv ə grændslæm ˈtaɪtəloʊˈsɑkə 
ˈɔfərz ðə ˈprɑməs əv ˈbrɪŋɪŋ ˈmɛntəl-hɛlθəˈwɛrnəs


 ・英文と発音記号を並べてみましょう。

 ↓

A turning point forə ˈtɜrnɪŋ pɔɪnt fɔr 
athlete mental healthˈæˌθlit ˈmɛntəl hɛlθ 
By Sean Gregorybaɪ ʃɔn ˈgrɛgəri 
AFTER MICHAEL PHELPS HEARD ON MAY 31 THAT NAOMIˈæftər ˈmaɪkəl fɛlpshɜrd ɑn meɪ 31 ðætneɪˈoʊmi 
Osaka had pulled out of the French Open and he read heroʊˈsɑkə hæd pʊld aʊtʌv ðə frɛnʧ ˈoʊpənænd hi rid hɜr 
Instagram message explaining why-Osaka cited "feeling vul-Instagram ˈmɛsəʤɪkˈspleɪnɪŋ waɪ-oʊˈsɑkəˈsaɪtəd "ˈfilɪŋ vul
nerable and anxious" in Paris, and revealed that she has suf-nerable ændˈæŋkʃəsɪnˈpɛrɪsænd rɪˈvild ðætʃi hæz suf
fered from "long bouts of depression" since defeating Serenafɜrd frʌm "lɔŋ baʊts ʌvdɪˈprɛʃənsɪns dɪˈfitɪŋsəˈrinə 
Williams at the 2018 U.S. Open-a bunch of thoughts rushedˈwɪljəmz ætði 2018 ju.ɛsˈoʊpən-bʌnʧ ʌv θɔts rʌʃt 
into his head. Phelps is the greatest swimmer of all time, win-ˈɪntu hɪz hɛdfɛlps ɪzðə ˈgreɪtəst ˈswɪmər ʌvɔl taɪmwɪn
ner of 23 Olympic gold medals. But no amount of winningner ʌv 23 oʊˈlɪmpɪkgoʊld ˈmɛdəlzbʌt noʊəˈmaʊnt ʌv ˈwɪnɪŋ 
staved off his depression and contemplation of suicide.steɪvd ɔf hɪz dɪˈprɛʃənænd ˌkɑntəmˈpleɪʃənʌv ˈsuəˌsaɪd
Phelps, who has gone public with his struggles andfɛlpshu hæz gɔnˈpʌblɪk wɪð hɪz ˈstrʌgəlzænd 
emerged as one of the foremost mental-health advocates inɪˈmɜrʤd æz wʌn ʌv ðəˈfɔrˌmoʊst ˈmɛntəl-hɛlθˈædvəkəts ɪn 
sports, could sense that Osaka's revelations-and her deci-spɔrtskʊd sɛns ðætoʊˈsɑkəzˌrɛvəˈleɪʃənz-ænd hɜrdeci
sion to forgo a shot at another Grand Slam title so she couldsion tu fɔrˈgoʊ ə ʃɑt ætəˈnʌðər grænd slæmˈtaɪtəl soʊ ʃi kʊd 
take a mental-health break-were a big deal. Osaka is a certi-teɪk ə ˈmɛntəl-hɛlθbreɪk-wɜr ə bɪgdiloʊˈsɑkə ɪz ə certi
fied global superstar, the highest-paid female athlete on thefied ˈgloʊbəlˌsupərˈstɑrðəˈhaɪəst-peɪd ˈfiˌmeɪlˈæˌθlit ɑn ði 
planet with a huge social media imprint and endorsementsˈplænət wɪð ə hjuʤˈsoʊʃəl ˈmidiə ˈɪmprɪntænd ɛnˈdɔrsmənts 
from Nike, Nissan and Louis Vuitton. "I felt very happy afterfrʌm ˈnaɪkiˈnisɑn ændˈluɪs ˈvutən. " fɛlt ˈvɛriˈhæpi ˈæftər 
reading her message because she's showing that vulnerability;ˈrɛdɪŋ hɜr ˈmɛsəʤbɪˈkɔz ʃiz ˈʃoʊɪŋ ðætˌvʌlnərəˈbɪlɪti
she's showing a side of her that we haven't seen before, andʃiz ˈʃoʊɪŋ ə saɪd ʌv hɜrðæt wi ˈhævənt sinbɪˈfɔrænd 
that's so powerful," Phelps tells TIME. "It's definitely goingðæts soʊˈpaʊərfəl," fɛlps tɛlztaɪm. "ɪts ˈdɛfənətliˈgoʊɪŋ 
to be a game changer in mental health moving forward.tu bi ə geɪm ˈʧeɪnʤər ɪnˈmɛntəl hɛlθ ˈmuvɪŋˈfɔrwərd
He read some of backlash against Osaka, who beforehi rid sʌm ʌv ˈbæˌklæʃəˈgɛnst oʊˈsɑkəhubɪˈfɔr 
dropping out of the French Open had announced she wasˈdrɑpɪŋ aʊt ʌv ðə frɛnʧˈoʊpən hæd əˈnaʊnst ʃiwʌz 
declining to participate in postmatch press conferences atdɪˈklaɪnɪŋ tupɑrˈtɪsəˌpeɪt ɪnpostmatch prɛsˈkɑnfərənsəz æt 
Roland Garros, mentioning the potential mental harm ofˈroʊləndˈgɛroʊsˈmɛnʃənɪŋ ðəpəˈtɛnʃəl ˈmɛntəl hɑrmʌv 
these exchanges with reporters. “I was almost shocked in aðiz ɪksˈʧeɪnʤəz wɪðrɪˈpɔrtərz. “ wʌzˈɔlˌmoʊst ʃɑkt ɪn  
way," says Phelps, "especially with everything I feel like theweɪ," sɛz fɛlps, "əˈspɛʃli wɪð ˈɛvriˌθɪŋ fil laɪk ði 
world has learned about mental health over the last year."wɜrld hæz lɜrnd əˈbaʊtˈmɛntəl hɛlθ ˈoʊvər ðəlæst jɪr." 
But the next day, Phelps started seeing more articles sym-bʌt ðə nɛkst deɪfɛlpsˈstɑrtəd ˈsiɪŋ mɔrˈɑrtəkəlz sɪm
pathetic to Osaka. "That does bring a smile to my face," hepəˈθɛtɪk tu oʊˈsɑkə. "ðæt dʌz brɪŋ ə smaɪltu maɪ feɪs," hi 
says. "Because yes, then we are understanding that this issɛz. "bɪˈkɔz jɛsðɛn wiɑr ˌʌndərˈstændɪŋ ðætðɪs ɪz 
something-that it doesn't matter if you're No. 1 in the worldˈsʌmθɪŋ-ðæt ɪt ˈdʌzəntˈmætər ɪf jʊr noʊ. 1 ɪnðə wɜrld 
or the average Joe; anybody can go through this. It is real.ɔr ði ˈævərɪʤʤoʊˈɛnibədi kæn goʊθru ðɪsɪt ɪz riəl
I hope this is the breaking point of really being able to open hoʊp ðɪs ɪz ðəˈbreɪkɪŋ pɔɪnt ʌv ˈrɪliˈbiɪŋ ˈeɪbəl tu ˈoʊpən 
up and save more lives."ʌp ænd seɪv mɔr lɪvz."
That hope isn't all that outlandish. In recent years, pro-ðæt hoʊp ˈɪzənt ɔl ðætaʊtˈlændɪʃɪn ˈrisəntjɪrzproʊ
fessional athletes like Phelps have helped destigmatize con-fessional ˈæˌθlits laɪkfɛlps hæv hɛlptdestigmatize kɑn
versations surrounding mental health, having shared theirversations səˈraʊndɪŋˈmɛntəl hɛlθˈhævɪŋʃɛrd ðɛr 
struggles with the public and defying shopworn sports con-ˈstrʌgəlz wɪð ðə ˈpʌblɪkænd dɪˈfaɪɪŋ ˈʃɑˌpwɔrnspɔrts kɑn
ventions to show no signs of vulnerability, to just powerventions tu ʃoʊ noʊsaɪnz ʌvˌvʌlnərəˈbɪlɪtitu ʤʌstˈpaʊər 
through. Phelps was an executive producer on the 2020 HBOθrufɛlps wʌz ənɪgˈzɛkjətɪv prəˈdusər ɑnði 2020 eɪʧ-bi-oʊ 
documentary The Weight of Gold, which explored the mental-ˌdɑkjəˈmɛntəri ðə weɪtʌv goʊldwɪʧ ɪkˈsplɔrdðə ˈmɛntəl
health struggles that often befall Olympic athletes after thehɛlθ ˈstrʌgəlz ðæt ˈɔfənbɪˈfɔl oʊˈlɪmpɪk ˈæˌθlitsˈæftər ði 
Games. In the NBA, Kevin Love revealed he suffered a panicgeɪmzɪn ðiɛn-bi-eɪˈkɛvɪn lʌvrɪˈvild hi ˈsʌfərd əˈpænɪk 
attack during a game; DeMar DeRozan, another NBA All-Star,əˈtæk ˈdʊrɪŋ əgeɪmdɪˈmɑrDeRozanəˈnʌðərɛn-bi-eɪ ɔl-stɑr
shared his battles with depression. In baseball, Zack Greinkeʃɛrd hɪz ˈbætəlz wɪðdɪˈprɛʃənɪnˈbeɪsˈbɔlzæk greɪŋk 
spoke up about his social anxiety; NHL player Robin Lehnerspoʊk ʌp əˈbaʊt hɪzˈsoʊʃəlæŋˈzaɪətiɛn-eɪʧ-ɛlˈpleɪər ˈrɑbən ˈlɛnər 
opened up about his bipolar disorder; gymnast Aly Raismanˈoʊpənd ʌp əˈbaʊt hɪzbaɪˈpoʊlərdɪˈsɔrdərˈʤɪmnəst ˈeɪliRaisman 
has been candid about her anxiety as well.hæz bɪn ˈkændədəˈbaʊt hɜr æŋˈzaɪətiæz wɛl
But through the size of her platform, and her decision tobʌt θru ðə saɪz ʌv hɜrˈplætˌfɔrmænd hɜrdɪˈsɪʒən tu 
choose well-being over pursuit of a Grand Slam title, Osakaʧuz wɛl-ˈbiɪŋ ˈoʊvərpərˈsut ʌv ə grændslæm ˈtaɪtəloʊˈsɑkə 
offers the promise of bringing mental-health awareness-

3.カタカナ発音表記

 ˈテョルニング ポイント フォル 

ˈアˌスリト ˈメンタル ヘルス 
バイ ション ˈグレガリ 
ˈアフタル ˈマイカル フェルプス ヒョルドアン メイ 31 ザット ネイˈオーミ 
オーˈサカ ハド プルド アウト アヴ フレンチ ˈオーパン アンド  リドヒョル 
Instagram ˈメサジ イクˈスプレイニングワイ-オーˈサカ ˈサイタド "ˈフィリングvul
nerable アンド ˈアンクシャスインˈペリスアンド リˈヴィルド ザット ハズ suf
フョルド フラム "ロング バウツ アヴディˈプレシャンスィンスディˈフィティング サˈリナ 
ˈウィリャムズ アットズィ 2018 .エスˈオーパン-エイバンチ アヴ ソツ ラシュト 
ˈイントゥ ヒズ ヘドフェルプス イズ ˈグレイタスト ˈスウィマル アヴ オルタイムウィン
ner アヴ 23 オーˈリムピック ゴールドˈメダルズバット ノー アˈマウント アヴˈウィニング 
ステイヴド オフ ヒズ ディˈプレシャンアンド ˌカンタムˈプレイシャン アヴˈスアˌサイド
フェルプスホゥ ハズ ゴン ˈパブリックウィズ ヒズ ˈストラガルズ アンド 
イˈミョルジド アズ ワン アヴ ˈフォルˌモースト ˈメンタル-ヘルスˈアドヴァカツ イン 
スポルツクド センス ザットオーˈサカズ ˌレヴァˈレイシャンズ-アンドヒョル deci
sion トゥ フォルˈゴー  シャト アットアˈナザル グランド スラム ˈタイタルソー  クド 
テイク  ˈメンタル-ヘルスブレイク-ウョル  ビグディルオーˈサカ イズ  certi
fied ˈグローバル ˌスパルˈスタルˈハイアスト-ペイド ˈフィˌメイルˈアˌスリト アン ズィ 
ˈプラナト ウィズ  ヒュジ ˈソーシャルˈミディア ˈイムプリント アンドエンˈドルスマンツ 
フラム ˈナイキˈニサン アンド ˈルイスˈヴタン. "アイ フェルト ˈヴェリ ˈハピˈアフタル 
ˈレディング ヒョル ˈメサジ ビˈコズ シズˈショーイング ザットˌヴァルナラˈビリティ
シズ ˈショーイング  サイド アヴヒョル ザット ウィ ˈハヴァント スィンビˈフォルアンド 
ザツ ソー ˈパウアルファル," フェルプステルズ タイム. "イツ ˈデファナトリˈゴーイング 
トゥ   ゲイム ˈチェインジャル インˈメンタル ヘルス ˈムヴィングˈフォルワルド
 リド サム アヴ ˈバˌクラシュアˈゲンスト オーˈサカホゥ ビˈフォル 
ˈドラピング アウト アヴ  フレンチˈオーパン ハド アˈナウンスト  ワズ 
ディˈクライニング トゥパルˈティサˌペイト イン postmatchプレス ˈカンファランサズ アット 
ˈローランド ˈゲロースˈメンシャニング パˈテンシャル ˈメンタル ハルム アヴ 
ズィズ イクスˈチェインジャズ ウィズリˈポルタルズ. “アイ ワズ ˈオルˌモーストシャクト イン エイ 
ウェイ," セズ フェルプス, "アˈスペシュリ ウィズ ˈエヴリˌスィングアイ フィル ライク ズィ 
ウョルルド ハズ リョルンド アˈバウトˈメンタル ヘルス ˈオーヴァル  ラストイィル." 
バット  ネクスト デイフェルプスˈスタルタド ˈスィイング モルˈアルタカルズ ˌスィムパˈセティック トゥオーˈサカ. "ザット ダズ ブリング スマイル トゥ マイ フェイス,"  
セズ. "ビˈコズ イェスゼン ウィ アルˌアンダルˈスタンディング ザット ズィスイズ 
ˈサムスィング-ザット イット ˈダザントˈマタル イフ ユル ノー. 1 イン ウョルルド 
オル ズィ ˈアヴァリジジョーˈエニバディ キャン ゴー スルズィスイット イズ リアル
アイ ホーップ ズィス イズ ˈブレイキング ポイント アヴ ˈリリˈビイング ˈエイバル トゥ ˈオーパン 
アップ アンド セイヴ モル リヴズ." 
ザット ホーップ ˈイザント オル ザットアウトˈランディシュイン ˈリサントイィルズプロー
fessional ˈアˌスリツ ライク フェルプスハヴ ヘルプト destigmatize カン
versations サˈラウンディング ˈメンタルヘルスˈハヴィング シェルド ゼル 
ˈストラガルズ ウィズ  ˈパブリックアンド ディˈファイイングˈシャˌプウォルン スポルツ カン
ventions トゥ ショー ノー サインズ アヴˌヴァルナラˈビリティトゥ ジャストˈパウアル 
スルフェルプス ワズ アンイグˈゼキャティヴ プラˈドゥサル アンズィ 2020 エイチ-ビ-オー 
ˌダキャˈメンタリ  ウェイト アヴゴールドウィチ イクˈスプロルド ˈメンタル
ヘルス ˈストラガルズ ザット ˈオファンビˈフォル オーˈリムピック ˈアˌスリツˈアフタル ズィ 
ゲイムズイン ズィエン-ビ-エイˈケヴィン ラヴ リˈヴィルド ˈサファルド  ˈパニック 
アˈタック ˈドゥリング ゲイムディˈマル DeRozanアˈナザルエン-ビ-エイ オル-スタル
シェルド ヒズ ˈバタルズ ウィズディˈプレシャンインˈベイスˈボルザック グレインク 
スポーック アップ アˈバウト ヒズˈソーシャルアングˈザイアティエン-エイチ-エルˈプレイアル ˈラバン ˈレナル 
ˈオーパンド アップ アˈバウト ヒズバイˈポーラルディˈソルダルˈジムナスト ˈエイリRaisman 
ハズ ビン ˈキャンダド アˈバウト ヒョルアングˈザイアティ アズ ウェル
バット スル  サイズ アヴ ヒョルˈプラトˌフォルムアンド ヒョルディˈスィジャン トゥ 
チュズ ウェル-ˈビイング ˈオーヴァルパルˈスト アヴ  グランド スラムˈタイタルオーˈサカ 
ˈオファルズ  ˈプラマス アヴˈブリンギング ˈメンタル-ヘルスアˈウェルナス

 

4. 英文とカタカナ発音表記と音声 

 

以上、

音のかたまりですね。

2は発音記号を知らないとかなり疲れます。

英文と見比べていくと変換がわかります。

3はカタカナ発音なので読みやすいです。

....呪文みたいになりそう。

4は繰り返し音声と一緒に聴くと英文も耳に残りやすいです。 

 

🎵....洋楽をカタカナで歌ってませんでしたか?

意味もよく分からないのに。


....最初は音声を聴く。

カタカナ音で真似る。

次に発音記号で読む。

見ないで英文を読む。

音声と比較する、真似る。

こんなやり方はどうでしょうか?


要は音を覚えることでしょう。

カタカナ音はあくまでもフリガナです。

なくても読めるようにしましょう。

....正確な音は発音記号から学んでくださいね。🙂

 

参考サイト ↓

 

スポンサーリンク

TOPに戻る↑