13.信用取引

f:id:yoimonotachi:20190130180041j:plain

  

 

信用取引

現物株や現金を担保にして資金以上の取引、空売りが可能なことが大きな特徴なのです。

下落相場

特に空売りは、下落相場で大きな力を発揮し、うまく利用できれば高い相場でも低い相場でも儲かる武器となります。

ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金の管理を慎重にする必要があるのです。

デイトレードは低リスク

株のデイトレードにおいて短い期間に大もうけできる人は間違いなく存在します。
デイトレードとはなにかというと、買った株を持越すことなく当日のうちに手仕舞いしてしまう方法なので、想定しないほどに株価が落ちてしまうことも少なく、リスク管理しやすいと思います。

投資信託

ですから、株式投資が初めての場合は、はじめに投資信託を選んで資産運用を始めるのも良い選択です。投資信託は運用の専門家が有利な投資先に広範囲に分散して投資するので、安全性が高く初めてでも安心の運用法のひとつと考えられます。

 ポートフォリオ

1点集中型の投資を実行する方には不必要に思われますが。

株、債権、海外投資など色々な投資をする時にはポートフォリオを最大限に活用して投資するか否かを決めるべきです。

バランス管理

投資で最重要なことはリスクを分散した投資の型ですからポートフォリオでバランスよく投資ができているか、常に確認作業を行うことが必須かと思われます。

 相談相手

株初心者にとっては、買い方がわからないものでしょう。証券会社社員から相談相手になってもらったり、株式に投資をしている知人に詳細を話してもらうなどして、株式の買い方の相談にのってもらうと良いでしょう。

デモトレード

また、デモトレードを活用して、チャレンジしてみるのも一つの方法かもしれません。
株式の取引をしたことがない人にとっては理解が難しいことだらけに見えるのではないでしょうか。どのような証券会社を使って株の売買を行えばいいのかなど、迷ってしまう人が大部分です。

安価な手数料のネット証券

誰しもが儲けたいと考えて株投資をスタートするわけですが、通算で利益を出せる人は少ないでしょう。株をやったことがない方だけでなく、株式投資をする方のだいたいは極力安価な手数料のネット証券に口座を持つのがよいと思います。


理由は、株式を売買する為の手数料が格安であれば株式投資の売買が随分臨機応変にできるからです。

おすすめはSBI証券です。

 

 

TOPに戻る↑


スポンサーリンク