1.株基礎知識と「小学生でも見てわかる売買タイミング」まで教えます。

f:id:yoimonotachi:20190116092310j:plain

はじめに 株取引を学びましょう。

手法

株取引では株式チャートを参考に売買について判断する手法があります。そのなかのひとつが、押し目買いという名の手法です。株価が移動平均線と接する部分を底値と考えて、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いなのです。

 

口座開設

これまでの経験をふまえて、今後、株価の上昇が期待できるポイントだといえます。株の経験がない方だけでなく、株式投資をするならば手数料がチープなネット証券に口座を開くべきだと思います。

SBI証券がおすすめです!

 

理由は、株式を売り買いする手数料が安上がりなら株式投資の売買が至って柔軟に対応できるからです。

 

出来高の多い株

株式投資を始める際は、いくら値動きが激しいとはいえ、出来高が少ない小型株式を売買することはおすすめとは言えません。

その理由は、いつも出来高の少ない株式は投資した株式が売却したいタイミングで売ることができないからです。

 

リスク

投資のビギナーが株を始めたいと考えついたときは、なるべくリスクが少ない資産運用の方法を考えることが必要です。いきなり個別株の取引を始めるよりも、最初のうちは投資信託などから取引してみるのがよいかもしれません。

そのようにして、多少は分かってきてから実際に株式の取引を行うとよいでしょう。

 

ミニ株

株式投資をやる際には単元の株ではなく、ミニ株を購入する方法もあるのです。単元株では購入する金額が高すぎて購入できない株を買い入れたいときには、ミニ株でわずかずつ購入する方法によって一度に大きなお金を用意することなくほしいブランドを購入できます。

 投資株は

株式投資の初心者はどの会社に投資したらいいのかわからないので、株式雑誌に掲載されているような推奨銘柄の中からよさそうな銘柄を選択し、投資するのがいいかもしれません。


こういった経験を繰り返して、徐々に知っている会社の数を増加させ、自分で利益が得られると思える銘柄を見つける事ができるようになるのだと思います。

 

資金

株の初心者から投資資金はどれほどで始められるのかと問われたら、私は最低限100万円程度は準備しないと、株式投資を始めるのはきついと思います。

 その裏付けは、このくらいのお金があれば上場されている多数のジャンルの中から目についた投資先をセレクションすることができるからです。

 

円の価値

よく誤解されることもあるようですが、円安とは円の持つ価値が他国の通貨よりも相対的に下落していることを言うのです。

 一般的に、円安になると株の価格が上がりやすくなる傾向にあります。

 

輸入企業か輸出企業?

主に輸入産業の場合には輸入にかかるコストが高くつくようになり減益となってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は好転します。

 自動車や機械などの日本が海外に向けて売る商品が売れやすくなり、業績が向上して、株価の上昇につながっていくのです。

TOPに戻る↑


スポンサーリンク