16.流動的

f:id:yoimonotachi:20190204193717j:plain

 

 

ミニ株

株の投資は単元の株ではなく、ミニ株式を購入する方法も存在します。単元株では購入する金額が高すぎて購入できない株を買い入れたいときには、ミニ株でちょっとずつ購入する方法によって一度に大金を準備しなくてもほしい銘柄を買い取ることができます。


銘柄発掘

株の経験が浅い人はどの銘柄を購入すればよいのかわからないので、株式雑誌にのっているようなオススメ銘柄の中からよさそうな会社を選んで購入します。こういった経験を繰り返して、徐々に知っている会社の数を増やすことで、自身でいいと思える銘柄を発掘できるようになることだと思います。

 

元本保証

株式投資はとても魅力のある投資の手だてのひとつです。
だけれど、株の売買には多種多様な危険も持っています。

株の主だったリスクとしては、値が下がる、流動的である、倒産するなどのリスクがあります。


株式投資は定期預金などとは別で、元本が保証されません。株を始めたばかりの人は、リスクを十分に認識して慎重に投資をする必要があるでしょう。
株の収益とは、株価の変動による利益と、会社から配当により、支払われる金銭という利益の二通りがあります。

株価の変動

これを見極めるのは難しいと考えているような初心者の方は、株価が落ち着いた状態になっている一定の配当を毎回支払う会社の株を買うことで、配当で定期的な収入を獲得するのも良い投資の一つと考えられます。私は、とある株式会社の株主優待が貰いたいために株を始めたビギナーです。

 

いろいろな投資方法

株を売買するには、現物株の他にもいろいろな投資方法があります。
オプションもそのうちの一つです。オプションには買う権利であるコールというものとプットという売る権利というものがあって、めいめいに売買でき、これら4つのパターンの組み合わせによって、自在に投資戦法が組めるようになったデリバディブ投資です。

とても魅力的な投資法なのですが、豊かな知識が必要となります。株に投資をしたならば、所得税の譲渡所得や配当所得などを加味した上で、確定申告が必要となってきます。

ただ、特定口座を利用していた場合には、以上のような税務に関する計算は金融機関が代行してくれますし、確定申告が不要になることも多いです。そのため、株投資者初心者の方にとってとりわけお勧めです。

SBI証券がおすすめです。

 

株の価格

円安とは、自国通貨単位の円の価値が他国の通貨に対して相対的に下落することを指します。一般的には円安の状態になると株の価格が上がりやすくなります。

主に輸入産業の場合には輸入コストが上昇してしまい収益が減ってしまう結果になってしまいますが、逆にいえば、輸出企業の業績は好転します。
つまり、自動車や機械などの日本製の商品が売れやすくなり、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。

 

TOPに戻る↑


スポンサーリンク